2006年12月24日 (日)

カブ子が!?

Tentou2 夕方、ヨメの携帯から連絡が入った。ガレージにいるらしいのだが、なにやら怒っている様子・・・。なんと!ガレージのカブ子にぶつけて、カブ子が転倒しているとのこと。

ガレー ジの床の一部補修作業で、カブ子はいつもとは違う位置にとめてあったのだ。丸一日ガレージは使えず、ヨメの車は違う場所に止めてあった。で、今日の夕方ガレージに入れたときに事件は起こったのであります。「ちゃんと後ろ見てバックしたの?」の問いに、「いつもと同じ感覚でバックしたの!大体こんなところに置いておかないでよ!こっちはいつも通りにバックしてただけなんだから」だと・・・。オレがその言葉にあっけに取られていると、自分の言っていることがおかしくなってきたのか、吹き出していた。

Tentou1 しかし、さすが世界のカブ子!ダメージはなし。と言うか、ピカピカじゃないから分からんかった。ヨメの車もよごれてて傷だかなんだか分からん。まぁ、あんまり気にしないことにしよう。にしてもきたないガレージだなぁ・・・。車も洗車しよっと。

ちなみに、ヨメの車はガレージ、オレの車は外の駐車場。なぜだ?なんか納得いかんなぁ・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

ともちん家にcubが来た

 一昨年の冬にゼファー1100を手放し、今年の3月には大学時代からの相棒スペーシー50と別れ、5月にXR250BAJAを手放した。高校時代から初めてバイクのない生活・・・。とても耐えられな~い。で、「やっぱりバイク買おーっと」と決心。しか~し、マンション購入直後のためとてもそんな余裕はない!とあっさり却下された。

 そんな10月のある日、義父が「鮎で一杯呑むから来い。」ということで、ヨメの実家へ「およばれ」した時のこと。飲みながらも、実家の倉庫の片隅からなんとなく視線を感じていた。振り向いてよく見てみると、そこにはなんとcub90DXが熱い眼差しでこちらを見ているではないか!!オレとcub、見つめ合う二人に言葉は要らなかった。「お義父さんcub子さんを僕にください。きっとピカピカにして乗りますから」気が付いたらそう言っていた。Nec_0002_1 それから1週間後cub子はともちん家の一員になったのである。

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

CB1300SF | CUB90 | その他の乗り物 | ランクル | 酒・食